カテゴリー別アーカイブ: 赤ちゃん用ウォーターサーバーの選び方

ピッタリなものが必ず見つかる!女子におすすめなウォーターサーバー

ウォーターサーバーというとクリアなタンクにはいった大きいものをイメージしますが、女性の一人暮らしだったり狭い部屋にはただ大きいだけの可愛くないサーバーは置きたくないですよね。

 

インテリアにこだわっていたり、自分の部屋に合ったサーバーを探している人にピッタリな商品が続々登場しているんです!

ウォーターサーバーを購入したいけれども、迷っている理由に

 

・自分の部屋に合うカラーのデザインがない

・部屋が狭いのでスリムなデザインのものがいい

・使うのは自分一人だけなので超小型なサーバーがあったらいい

 

等々聞かれますが、そんな声にピッタリの商品があります。

 

飲料水メーカーのキリンから出ている「アクウイッシュ」大手メーカーの安心感と今までになかった暖色系のサーバー本体のカラーが日本の住宅や部屋になじみやすいカラーでボトルが丸見えじゃないという点がデザイン性にも優れています。
他にも様々なカラーのサーバーはよく見られますが、おしゃれで超小型の「キャリオ」というサーバーはキッチンの脇やダイニングテーブルの上などにも置けるようなサイズなので1人暮らしの女の子にはピッタリの商品です。

 

また詰め替えやすいと言う点でも負担が少ないので嬉しいですよね!
デザイン性やインテリア性に優れていながら、スリムなデザインであったりエコモード機能が付いているものやカラーが豊富なものなど自分のこだわりに合ったサーバーがきっと見つかりますよ。

弱アルカリ性の軟水が出るウォーターサーバーを選ぶ

大人であればミネラルが豊富な天然水を飲むことで健康な生活を送ることができますが、体が未完成な赤ちゃんにとってはミネラルを摂取しすぎることによって下痢をするなど胃腸に影響を及ぼしてしまう可能性があります。

ですので赤ちゃん用の水は、軟水を選択することが大切です。

 

外国産のミネラルウォーターは硬水が多いのですが、日本の天然水は軟水が多いのでそれほど極端に心配する必要はありません。

さらにペーハーについても気をつける必要がありまして、人間の体は本来弱アルカリ性ですのでペーハー7から8程度の水ですと、体への負担を最小限にすることが可能です。

 

赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーが役に立つ訳は、粉ミルクを溶かすのに適温となる70度から80度に調整し、すぐにお湯を使えることです。

ウォーターサーバーがなければ、ヤカンでお湯を沸騰させてから少し冷ますという作業をしなくてはならないので、お腹が空いて赤ちゃんが泣いていてもすぐにミルクを用意できないのです。

 

粉ミルクが入った哺乳瓶を蛇口に当てて給水するのですが、ここで気をつけるべきことは粉が舞い上がって蛇口を汚してしまうことがありますので、清掃がしやすいタイプのウォーターサーバーを選ぶと良いです。

 

赤ちゃんであれば、まだ立ち上がることができないのでウォーターサーバーを勝手に触るという心配はないでしょうが、万が一のためにお湯側の蛇口にストッパーがついたものを選ぶと安心して稼働させておくことができます。

赤ちゃんのミルク作りはウォーターサーバーで安心、安全に

赤ちゃんのミルク作りはウォーターサーバーで安心・安全

 

ilm16_ad04018-s赤ちゃんのミルクに適した水は、RO水の軟水です。(天然水の軟水も可)

 

対する硬水の天然水はミネラル分が多く、大人の健康には良いのですが、身体の未発達な赤ちゃんには向きません。

 

ウォーターサーバーをレンタルしている会社では、それぞれ、RO水と天然水、軟水と硬水という提供できるお水のタイプや固さが決まっているので、なるべくRO水で軟水を扱っているメーカーを選びましょう。

 

また、ミルクを作る際、便利なのは70~80度に保たれたお湯です。

 

そのくらいの温度で保温できるサーバーを選ぶとミルク作りがすばやくできて便利です。(もちろん、赤ちゃんに授乳する際はひと肌まで冷まします)

 

赤ちゃんが少し大きくなった時の事を考えると、いたずら防止の安全ロック機能の付いたサーバーも必要です。

赤ちゃんはお母さんの真似が好きなので、お湯のコックを開けてしまってヤケドなんて事のないようにしたいものです。

 

以上の事を踏まえると、「アクアクララ・べビアクアプラン」や「クリクラ・クリクラママ」がお勧めとなります。

 

どちらも、赤ちゃんに飲ませる事を考え、安心と安全にこだわったプランです。

放射能検査を毎日行っていたり定期的な水質検査を実施するなどして、水質の安全を維持しています。

 

クリクラのサーバーには高機能フィルターが付いていて、塵や汚れ、ホコリをカットしてくれます。
ウォーターサーバーの良い所は、いざという時に飲み水を確保できる点です。

 

ミルクしか飲めない赤ちゃんにとってお水は命そのものですから、停電時でも給水できるサーバーを利用したいですね。

赤ちゃんミルク用ウォーターサーバー徹底比較

赤ちゃんミルク用ウォーターサーバー徹底比較

 

サーバー名 水料金 水質 ボトル方式 レンタル料 安全ロック 水質検査
ベビアクア verygood12ℓ=1,296円(税込) RO水 ボトル交換式 bad月1,500円 good good月2~3回放射物質検査
クリクラママ good12ℓ=1,350円(税込) RO水 ボトル交換式 averageレンタル無料+年5,000円 good verygood業界最高レベルの徹底管理
アルピナ verygood12ℓ=1,024円(税込) 天然水+RO濾過 ボトル交換式 average月572円 good average自社徹底管理
フレシャス good7ℓ=1,134円(税込) 天然水 使い捨てパック verygoodレンタル+メンテ無料 good good月1回放射物質検査
コスモウォーター verygood12ℓ=1,274円(税込) 天然水+RO水 使い捨てパック verygoodレンタル+メンテ無料 good good月0.5~1回放射物質検査

 

水道水が赤ちゃんの健康に良くない理由

赤ちゃんの口に入るものは、出来るだけ安全なものを用意してあげたいものです。

そうすると、水道水には少し不安を感じるかもしれません。

 

水道水は、時折カルキの匂いを感じることがあります。
カルキと言うのは、実は体に悪いものなのです。

 

なので、赤ちゃんの口に入るには気になります。

 

では、どのようなものであれば赤ちゃんの口に入っても大丈夫なのかといえば、やはりウォーターサーバーの水です。

ウォーターサーバーの水といえば、厳しい基準をクリアしたものが届けられるようになっているので、安心して口にすることが出来るのです。

 

ですが、赤ちゃんが口にするのであれば、硬水ではいけません。

 

なので、どこのウォーターサーバーを選ぶのか、というときには、赤ちゃんでも口にすることが出来る水を取り扱っているのかどうか、ということは一番に調べる必要があります。
軟水であれば、赤ちゃんでも口にすることが出来るのです。

 

そして他には、給水のボトルが小さいものがいい、ということがあれば、そのようなところを選ぶといいです。

妊婦さんでも手軽に取り扱うことが出来るので、そのような人たちには重宝されています。
他にも、停電時でも給水をすることが出来る、というものもあります。
もしものときのことを考えたとき、この機能はとても便利だということが出来ます。

 

子供と言うのは我慢することができませんから、停電時でも関係なく給水できるのは便利です。

安心して粉ミルクを作れるウォーターサーバー水は何か?

ウォーターサーバーを設置しておいしい水をたくさん飲みたいところです。

特に、赤ちゃんがいるならば粉ミルクなどを作ることも必要になりますのでそうしたものに適していて安全な水を使いたいものです。

 

ウォーターサーバーの会社はどれも赤ちゃんが飲む粉ミルクには問題がないといっています。

 

その中でもアクアクララはリーズナブルであり、RO水という逆浸透膜でのろ過をしているために無菌といってもよいくらいの完成度になっています。

本当に安全であり、ミネラル成分がバランスよく配合されていて粉ミルクには全く問題がありません。

 

またナチュラルガーデンの「プラスプレミアム」の水はやはりRO水を作っていてこちらも信頼することができます。

 

特に子育て応援キャンペーンをしていて、価格がかなり安くなっており、お得です。

そしてサーバーレンタル料、メンテナンス料が無料というのもありがたいものです。

 

そして通常のサーバーは、ボトルの水がなくなったら入れ替えて新しい満タンの水を取り付ける必要がありますが、重たいのと逆さにしなければけないのは女性にとってかなりの重労働です。

 

このサーバーは水を上に差し込むのではなく、サーバーの下のスペースに設置するようになっていますので、上まで持ち上げる必要はなく、女性にとても優しい設計になっています。

 

粉ミルクは始めに温水を半分ほど入れるならば溶かすのも簡単ですし、それから冷水の方を入れることで赤ちゃんに適した温度にすることができます。

赤ちゃんがすくすくと育つ上で本当に安全な水を飲みたいものです。

赤ちゃんによいウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーは冷水と温水が出るので、赤ちゃんのミルク作りが楽になります。

ミルクを作るとき、まずお湯で粉を溶いて、適温になるように冷水で冷ましますよね。

 

お湯を沸騰させる時間と手間、冷水を作って冷やす手間がかかります。

ウォーターサーバーなら温水がすぐにでるから沸かす手間と時間がかからず、いつでも冷水がでるから冷ますのも簡単です。

ミルクをすぐにあげることができます。

 

赤ちゃんのミルク作りに最適なウォーターサーバーですが、いろいろな会社がありどこを選んだらいいのか迷いませんか。

赤ちゃんのためには、どんなウォーターサーバーを選んだらいいのでしょうか。

 

●水の質

 

水には硬度があります。

硬度はカルシウムとマグネシウムの量で決められていて、量が多いほど硬度が高くなります。

 

ミネラルは体にとって必要な栄養素ですが、過剰なミネラルはお腹の働きがまだしっかりしていない赤ちゃんにとっては負担が大きいです。

 

ミネラルの過剰摂取で下痢になる可能性があります。
ミルクを作るなら硬度が低い水がよいです。

 

逆浸透膜でろ過した不純物を含まない水でもよいです。

 

●ボトルのタイプ

 

ボトルはリサイクルに出して捨てられるものと、業者が回収して再利用するタイプがあります。
再利用するタイプは洗浄が十分に行われているのかや衛生面での心配があります。また、回収するまで置き場所に困ります。

 

リサイクルに出せるボトルは雑菌が入り込まない設計になっているので衛生的です。

ボトルのタイプは捨てられるものがよいです。

 

赤ちゃんは大人に比べてデリケートなので、体に優しいウォーターサーバーを選んであげましょう。